×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第555話 “オーズと笠”

『笠地蔵』


■オーズ襲名

500年前のオーズも現在のリトルオーズJr.もいずれもオーズと呼ばれていてややこしいです。ひょっとしてオーズって名字なのかな、と思いました。イチローじゃなくてスズキ。
『国引き』のエピソードは左図の通り。
死体は氷の国に埋もれていたそうですが、どこが活動拠点だったかは不明です。リトルオーズもどこの出身なのかは謎です。

それよりも『船長』と呼ばれていますが、船に乗れるんですか?モリアはオーズの死体はどうしたのでしょう?まだ冷凍庫に保管しているのでしょうか?国引きの話だけを聞くと、なんだか海を歩いて渡ったようなイメージが涌きます。

オーズについてあれこれと考える日が来るとは思ってませんでした!こんなにも!

■参謀の参戦

この左の人、見覚えがあります。私が以前名付けた名前は「髭立派ストライプ」です。
クロコダイルが倒れた時のネクスト七武海会議に出席していた人です。今回の戦争のための七武海会議にも出席していました。
詳しくは524話の感想をご覧下さい。

おツルさんをはじめとするブレーン集団も最前線で頑張りウォー。(戦争的な意味で)

■オーズの恩返し(まんが日本昔話的な意味で)

私がエースの本を出すのならタイトルは「愛される理由」とかになる。エースの旅の目的は何だっけ?えーと、世界中の人から愛されるためだっけ?ひと繋ぎの大寵愛を賜りアドベンチャー?なんだろう、太陽がメラメラ燃えているのを近くで感じる、この気持ち。それが宇宙?
エースの優しさはトップギア、という観点で冷静に考察を深めたいのに、いやはや。

ジンベエといいオーズといい、エースを助けるために命をかける熱さです。そして二人の共通点はエースに敬称をつけて呼ぶこと。

更に二人にはワノ国という共通点があるのか?と思わせる今週のエピソードです。ジンベエは魚人島に住んでいたようですが、服装や名前が和風であることから「ワノ国」と関係があるのではないか、という噂があります。

■ワノ国!

エースからもらった笠を大切にするオーズです。日差しや雨や雪が避けられて便利ですが、笠をかぶりたいために外に出たりする行動は少し行き過ぎですよね。どうしてそんなに笠が嬉しいのでしょうか。
・エースからもらったから
 (人から優しくされたのが初めて?)
・ワノ国の笠だから
 (ワノ国に縁がある?)

的外れだという結論は出ているのですが考えた事を書きます。
最初、ジンベエもリトルオーズもワノ国で育ったのかな、とひらめきました。
その共通点が「エースさん、エースくん」という敬称です。
ワノ国は日本風の文化があるようなので、日本の「さん、くん、ちゃん」という
文化もワノ国のものだったりして!!と、一瞬、熱くなりました。その場で私だけが。

しかし、オーズは笠を初めて見た様子だったので
ワノ国の知識はあまり無さそうだと思いました。
それよりも、今、いる場所(緑色で山を塗ってみました)の景色が
ワノ国っぽい、というか、まんが日本昔話の背景っぽいです。くまのこ見ていたかくれんぼ。

例えば…(以下、私の妄想)
オーズの母親がワノ国の人間で、その話を聞いたエースが笠を編んだ
というエピソードならオーズの喜びようも理解出来ます。
オーズの体に合う大きさの笠を編むのは大変な作業だったと思いますが
エースったら屈託のない笑顔でプレゼントしちゃうなんて!このメラメラ侍め!

■そうだワノ国行こう

ゾロ、来たーーーーーーーーー!!!
(来てません)

私なりのポリシーで、考察のために引用が必要な画像はスキャンするけれど、単なる萌え語りで絵をスキャンはしないというマイルールを作っています。
しかし!今回は考察のため!必要に迫られてのスキャンですので!ゾロのニヒルな笑顔がニクイニクイ291!とか叫ぶためのスキャンではありませんので!

竜を倒したという伝説の剣士、リューマがワノ国の剣士でした。
エースはワノ国に行ったことがあります。
ここまでは、本編で明らかになっています。

ジンベエからもワノ国の香りが漂っています。
少なくとも味噌汁は飲んだことがあると思います。

あと、シャンクスが白ひげのために持って来た『酒』もワノ国っぽいです。
だとするとウェストブルーにワノ国があるという私の希望はまだ輝いていますか?

コウシロウ(ゾロの師匠)もワノ国の人かもしれません。
イーストブルーの小さな街にリトルワノクニを作ったのかもしれません。

そうだ、ワノ国行こう!



2009/09/05

笠地蔵 にわぜんきゅうのだれでも描けるお地蔵さま お地蔵さん【シンボル編】襟飾うつし金蒔絵#gs570

まんが日本昔ばなし 「笠地蔵」-Youtube



back next

ジャンプ感想目次に戻る