×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第766話 “スマイル”
第767話 “コラさん”



【扉絵】

766話が掲載されているジャンプ、つまり2014年の50号はナルトの最終回が掲載されているということで、ワンピースの扉絵もナルト仕様でした。
題字も含め、隅々までナルト愛が詰め込まれた絵です。

ジャンプの三大看板漫画が常にワンピ・ナルト・αといった具合だったので、これからのジャンフェスの巨大看板が混沌としますね。(師走を迎える上で)



さて、こんないつ更新するかも分からないおぼろサイトにも感想メールなどを頂き、本当に有難いことです。ついでに本編でゾロが脱いだりしたら最高な世の中です。

メールは765話の感想をアップした時点で頂いたのですが「ドリィというのがドレイクでは?」というものでした。

 

そういうメールを頂いてからの766話・767話です。
言われてみれば確かにそうですね。過去にドリーという巨人族が出てきていまして、ドリィという似た名前の登場人物が出てきてしまっては、今後、ワンピファンと共に濃い話をする時にややこしいです。NHK杯に出る羽生って将棋の方?フィギュアスケートの方?ってくらいにややこしいです。

ですからドリィがとてもニックネームっぽい。

そして次になんとバレルズがドリィのことを「くそガキ」呼ばわりしています!!

衝撃の事実!!なんと!ドリィはクソガキだった!
真面目ないい子だと思ってたのに!
いや違う、そうじゃなくて、子供なの?





ドレークといえば
 ・33才
 ・ノースブルー出身
 ・元海軍少将

という肩書の持ち主!!

そしてバレルズも元海軍将校ですって!奥さん!!

私はバレルズもドレークも共に海軍で過ごして共に海賊になったと思ったので、バレルズとドレークは兄弟と想像したのですが、767話を読んだら親子説が一気に浮上してきました!

まず、バレルズはいかにも海賊っぽい粗野な男です。こんな男でも海軍将校だったのですね。(ドレークがもう少し上品なのはセンゴクに躾られたからですかね)そして海賊という割にはノースブルーに本拠地を構えています。世界中を航海するというよりは、近海で略奪するタイプの海賊だったのでしょうね。まぁそんな訳でノースブルーでドレークが生まれたんでしょうね。

悪魔の実を売って大金を得たい様子から考えるとバレルズが海軍を辞めた理由は「薄給だから」とか?

で、この回想シーンは13年前ということなのでドレークは20才です。

13年前 ドレークが海軍に保護される。おつる中将のもとに。

海兵になる

少将になる

海賊になる

最悪の世代 ←2年前

約10年の間に何があったのでしょうか、ドレークの口から3行位で語られるのを待っています。



ドレーク以外で明らかになったことがいくつかあります。

バレルズが悪魔の実についてこう言っています。
「こんな果物一つが一体いくらで売れると思う?!政府は頭でもおかしくなったのか?」
政府が悪魔の実を買い取ったり、値段の相場を設けたりしていることが想像できます。オペオペの実に限ったことかもしれませんが。

ちなみにバギーが食べたバラバラの実はシャンクスによると「売れば1億ベリー」だそうです。

バレルズとドフラミンゴはオペオペの実を50億で取引する予定だったようです。(もしかしたら罠でドフラミンゴは金を払うつもりはなかったかもしれませんが)

バラバラの実の値段から考えると破格の値段で、ドフラミンゴがオペオペの実を相当欲しがっていることと、相当お金を持っていることが分かります。この頃にはジョーカーとして武器の売買をやっていたのかもしれませんね。

そしてこの頃のドフラミンゴは海軍に追われる海賊だったのですから七武海ではないこともハッキリしました。



ドフラミンゴがローのことを弟のように可愛がっていたみたいに言ってたような気がするのですが、この件でローがドンキホーテファミリーから離れたとなったら、そんな弟みたいに思う感情ってちょっとおかしいというか、センゴクとロシナンテの関係はどうなるの!!

ドフラミンゴがオペオペの実が欲しい、オペオペの実が欲しい、オペオペの実を食べたローが欲しい、オペオペのローが欲しい、オペローが欲しい、ローが欲しい・・・・って想いだけが独り歩きしちゃった系?

そうはいってもドンキホーテファミリーでいう家族というのは「ドフラミンゴのために死ねるように洗脳された者」という意味らしいので、ドフラミンゴから家族と思われたくありません。

ローは家族と故郷を失い、「世界を破壊したい」という生きる目的を持ちました。そこでドフラミンゴと出会ったのですが、コラさんがいたことでローの人生が大きく軌道修正されました。コラさんはローについて「生かされている」と言っていましたが、コラさんこそがローの道しるべとなりました。

オペオペの実を食べて、コラさんに「なおれ!なおれ!」と魔法をかけるように手を差し出す様子は子供の純粋さが現れていて、可愛いやら哀しいやら。





ロシナンテは自分の立場を偽ってドンキホーテファミリーとなっていたので、ローが知ってるコラさんのことは「ハート」ということしかなかったということなんでしょうか。「ハートの海賊団」という名前や胸のタトゥーがコラソンのハートからきていることが、今になって分かります。

ただ、胸の中心にはドンキホーテファミリーのマークがあります。これがどういう意味なのか、コラさんが実際に彫っていたタトゥーなのか、まだまだタトゥーについては知りたいことが残りますね。

766話のサブタイトル「スマイル」ですが、人造悪魔の実の原料であるスマイルかと思いきや、コラさんがローに最後に贈った物でした。



2014/11/24

back next

ジャンプ感想目次に戻る