×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第716話 “首領・チンジャオ”
第717話 “ドレスローザの忘れ物”



■恒例・時候の挨拶

USJに始まり、USJに終わりつつある夏、
8月の仕事の忙しさも終わりを見せつつある今日この頃、私は元気です。

2週まとめて感想を書くのが恒例になってますが
今回の感想では716話には全く触れないこことなりそうです。

お盆休みに「さぁ!ワンピースの感想をまとめるぞ!」と張り切って
闘魚の顔と闘牛ウーシーの顔が似ているという検証にまで乗り出しましたが
もっと地に足の着いた感想を…と現実を直視し、ちょぼちょぼとした感想です。
とにかく9月の中旬まで悪寒・発熱で寝込むことのありませんように。

■わりとどうでもいいことの復習

トレーボル軍の制服がカボチャパンツだと思ってましたが、わりと全体的にカボチャパンツであること。フランキーに捕まった奴はカボチャパンツではなかったので、この中のリーダー的存在であること。
ドフラミンゴの手下の中でも、国民から嫌われている者もいくらかいること。

国民も「ドンキホーテ」とファミリー名を呼んでおり、国王と国民という関係以外に、国民もドンキホーテファミリーの一員であるかのような関係も伺えます。

■濡れ衣のバスティーユ

海軍本部中将
鮫斬りのバスティーユ

もちろんマリンフォード戦争にも参加していました。

しかし同じ中将のモモンガやオニグモと比べると巨人の割に存在感の薄い中将でした。

そんなバスティーユが、この、ドレスローザ編で大々的に扱われることになりました。

この後ろ姿。頭に角が生えて、背中にかけてのモフモフ…。

も、もしやこのシルエットと同一人物では?!

現役海軍中将が闇のブローカー件ドンキホーテの一員っぽいジャックとも知り合いとは?!

全夜弥が震撼!!

いいえ、違います。シルエットの正体はこのボーズです。

そんな事を呟きながら、8月も残す所あと1週間となりました。

■扉絵もそれなりに確認

カリブーの新世界でケヒヒヒヒ。
Vol.23 労働者達、武器を取れ!革命の子ガブル隊長が帰ってきた!!
Vol.24 労働者暴動鎮圧

ババアはカリブーを自分の孫ガブルと間違い、島から逃がそうとしていますが、ガブルとは労働者のリーダーだったようです。

労働者を制圧しているのがカイドウの手下なので、武器工場はカイドウのものだと分かります。

カイドウはスマイルを利用したゾオン系の能力者や武器を組織的に生産し、兵力を増強していることが伺えます。

四皇を巻き込んだ物語にカリブーがどれだけ食い込んでくるのか見物です。

■といざらーす王国

10年前、ドフラミンゴはある能力者を連れてきて、ドレスローザの国王になりました。

この能力者は人間をオモチャに変えるだけでなく、人の記憶を書き換える事にも関係してそうです。

オモチャと言えば、この人!

ですが10年前といえば、ワポルはドラム王国の国王だったのですからドレスローザとは無関係ですよね。

■ドレスローザの様々な歴史

約400年前 ノーランドがグリーンビットのトンタッタ王国で大人間から小人を守る 何百年も続くトンタッタの歴史
約200年前 闘魚がグリーンビット周辺に現れるようになる
大人間がグリーンビットに近寄らなくなる
小人はドレスローザでは「緑の管理者」
ドレスローザでは何百年も前から妖精の噂がある
20年前 コリーダコロシアム最強の剣闘士キュロスの活躍が止まる 20年以上続くコロシアムの歴史
10年以上前 ローがドフラミンゴから離れる
15年前 ヴェルゴが海軍に入隊
10年前 ドフラミンゴが七武海入り、同時にドレスローザの国王に
ある能力者がオモチャの家(秘密の工場)を運営
ドフラミンゴ国王の
10年の歴史
ドレスローザは「野蛮な海賊の王国」と諸国が嘲る
4年前 ガス事故の責任でベガパンクがパンクハザードから追放される
2年前 ベラミーがルフィに倒される
ドフラミンゴは「時代はスマイル」と言いヒューマンショップを手放す
ドフラミンゴはセンゴクよりも上の立場の者と取引し、モリアを倒す

そういえばモリアを倒した理由って何でしたっけ?
ドフラミンゴが個人的に倒したのではなく、世界政府側からの依頼でしたよね。
七武海の力を維持するために、単に弱い者を倒したという理由でしょうか。
しかしクロコダイルのように称号を剥奪もできるのだから、公にできない理由ですよね。
新しい海賊を七武海に入れるために空席を作ったとかでしょうか…。むむむ。
何かしら調べていくと、必ず新しい謎が2〜3個出てきて閉口なう。

■分からないことだらけ!!!

10年前からドレスローザでは人間がオモチャにされていました。そしてオモチャにされた人間は、残された者から忘れられるという…そっちの方が恐ろしいです!!とりあえず、コリーダコロシアムの英雄キュロスが忘れられているのはオモチャにされたのだろうと推測できます。

気になるのはオモチャになった者の死はどうなるのだろうということです。オモチャにして存在を忘れられれば、その人の命も自由に扱えるのではないかと思うと本当に恐ろしいです。

オモチャの家が今ではSADを使った秘密の工場も兼ねているのですが、ドンキホーテファミリーは武器の輸出もしていたようです。ん?武器なんてドレスローザで作ってましたっけ?

この時点で、ドフラミンゴとカイドウの共通点がありすぎて困っています。もうドフラミンゴ=カイドウなんじゃないかと思えるほどに…。オモチャにした人間にSADを使ってゾオン系の能力者にしてるんじゃないの?とか武器ならカイドウの配下で作ってるんじゃないの?とか…

カイドウは最強の生物と言われてますが、それは影武者であってドフラミンゴが操ってるとか…。

そんな考えを暴走させながら、あと半日もすれば次のジャンプが発売されるという
いつもの若竹です。


2013/8/25

back next

ジャンプ感想目次に戻る