×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第667話 “COOL FIGHT”

『ナミ入りのフランキーってグミ入りのキャンディーみたいでおいしそうの巻』


■COOL BROTHERS

謎だらけのクールブラザーズについて少しずつ分かってきました。
ロックとスコッチは、顔の形が違うこと。
雪山出身と茶ひげが紹介してましたが、寒さに弱そうなこと。
服を着てないらしいですが、ズボンと帽子は被ってるっぽいこと。
「ギャグがさぶい」的な意味で命名されたっぽこと。
マスターの部下というよりは、報酬目当てに取引をしていること。
スコッチの顔が鳥山明の自画像に似てること。



■トラ男とゴム男(タイガー&ラバー)

KYPガス弾は「K(体が)YP(酔っぱらう)」の略だと思います。
久保帯人先生が巻末で「あけましておめでとうございます」をAOGと略していたのを思い出しました。
ルビが小さすぎて見づらく、おめでたさも半減でした。

ルフィ達がパンクハザードに上陸したせいで
予定がめちゃめちゃになってしまったC.C.とロー。
ローは自分の目的に忠実に、C.C.とは決裂したみたいですね。

ローの真意はまだまだ謎ですが
パンクハザード編がますます面白くなりそうですね!!!

■若竹ドール劇場







2012/5/23

back next

ジャンプ感想目次に戻る