×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第621話 “オトヒメとタイガー”

『陽の当たる場所』


■時の流れに身を任せ

3年前、8年前、22年前…と覚えていた事象を
全て「+2」で上書きしないといけないなんて!

22年前といったらガイモンさんが宝箱にはまった年になる訳ですよ!
感覚が鈍りますよ!
西暦で言って下さいよ。そしたら語呂合わせで暗記できるのに。
「いつもよくやるねー、だがまーねー」って!
(1498年にバスコ・ダ・ガマが何かを成し遂げた)

毎度のことですが、更新が遅くてすいません。
今回は特に病み上がりということもあって、的を絞った感想になります。

なんと、オトヒメにもタイガーにも触れません。

■魚人島の歴史

1100年以上昔に栄えたシャンドラという黄金都市はポーネグリフを守るために戦って

800年前に滅びました。

そして、400年前に空に飛んで行ってしまいました。

魚人島がいつからあるかは、王でさえハッキリと認識していません。
(なんだかシャンドラの文明が凄かったと感じさせられますね)

ノアにある方舟。

私はてっきりタイガーが奴隷解放に使った船かと思ってましたが、そうではないようです。

きっと、この船でオトヒメの先祖達は地上に出ようとしたのだと思います。魚人島の住民が全て乗り込めるほどの大きさのようです。

先祖達の試みは数百年前のことです。

魚人島が世界政府に加盟したのをきっちり200年前と認識していることを考えれば、300年以上昔のことと考えることができます。

シャンドラ 魚人島 アラバスタ
1100年以上前
繁栄
遠い昔
発生
800年前
敵意と戦い滅亡
数百年前
地上へ出る試み
400年前
空へ
国王12代前
建国
ポーネグリフの番人に
200年前
世界政府加盟

魚人島の先祖達の失敗がポーネグリフと関係あるような気がしましたが
表をまとめたところで、これといったうまい見解は引き出せませんでした。
ノアの方舟の中にポーネグリフがあるような気がしたんだけどな。
(持ってたら、そこに積むでしょ)

ポーネグリフはシャンドラに“運び込まれた”とロビンは言っています。
シャンドラの文明の高さや、魚人島へ到達することの難しさなどが
ポーネグリフの保管場所として適当と判断され
Dの王国が運び込んだのでしょうか。

世界政府がポーネグリフの存在を知ったのがいつ頃なのかも気になります。
ノーランドの黄金の遺跡の発見から、世界政府が動いたような気もします。
黄金の遺跡とポーネグリフに関連があるからこそ、ノーランドの証言を
嘘だと伝承させる絵本を作っているんだと、私は思ってるのですが。

イブという木は根の先まで光を導くそうですが、幹の部分が地上にあるということですよね。おそらく位置はマリージョアに近いと思います。

もし、この木を切ってしまうと海底に光は届かなくなるような気がします。

アダムが「沈まない木」だから、イブも簡単に切れないとは思いますが、何らかのきっかけで光を導けなくなることで、魚人島の滅亡、ノアの方舟で脱出というオトヒメの悲願が実現するかもしれません。



2011/04/21

back next

ジャンプ感想目次に戻る


ワンピース キャラバンク海賊船シリーズ ゴーイング・メリー号 ワンピース キャラバンク海賊船シリーズ サウザンド・サニー号 ワンピース キャラバンク海賊船シリーズ モビーディック号 ワンピース キャラバンク海賊船シリーズ トラファルガー・ローの潜水艦