×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第598話 “2年後”

『復活』


■扉絵

扉絵でいきなり釘付けです。思いっきりワンピースです。こんなにもワンピースなのに!
私の知ってるワンピースと違う!何か違う!!
頭の片隅に「フェアリーテイル」という言葉が通り過ぎましたが
いいえ、違います。本物です。

新世界という新しい舞台の幕開けでもあり
麦わらチームの復活でもあり
キャラ達の変身のお披露目でもあり
何から何までワクワクドキドキのし通しです。

サンジは、サイボーグになったんだよね?

■597話の話題

前回の話で、ルフィが麦わら帽子を置いた「安全な木」がありますよね。
「あれってダフトグリーンではないですか?」というメールを頂きました。

私はその質問を「あの場所はメルヴィユですか?」という意味だと勝手に解釈して「違うと思います」という態度を取ったのですが、考えてみたら「そういう木」が別の場所で生えてるかもしれませんよね。

左の写真はストロングワールドの映像です。色々考えた結果、あの安全な木がダフトグリーンかどうかはわかりませんが、あり得る話だと思います。
麦わら帽子が毒まみれになってないといいんですけど。

「連載再開直前スペシャル!ワンピ語りナイト!」をツイッターで行ったので
その時に出た話題を軽くおさらいします。

「ロジャーはワンピースを手にしてないっぽい」という私の感想に対して
ヤマカムの山田さんが「ロジャーがワンピースを手にしてないなんて考えたくない!><」と
だだをこねたので、ロジャーはマントラによってワンピースの実在を確信し
それがどんな物であるかも把握しているだろう、という結論に至りました。

ストロングワールドの「17歳最後の旅」はスリラーバークからシャボンディ諸島の
間の話だろうということで、落ち着きました。

クロッカスさんがオーロ・ジャクソン号に同船したグランドライン1周の旅は3年でした。
ルフィは17歳になって出航したので、シャボンディ諸島の手前までで1年を要したことになります。

2年の成長はあったとしても、ルフィはまだまだルーキーです。
それに比べてロジャー達はブルックの時代にルーキーとして名前が出ていたらしいので
グランドラインの航海経験は豊富だと考えられます。

既に新世界にいたかもしれないような強豪のロジャーが一度
リバースマウンテンまで戻ってグランドラインを1周するのと
ルフィ達がグランドラインを1周するのとでは異なることが多いと思います。

ましてや、ロジャーも到達したことのないラフテルに上陸することを
目標にするなら、ルフィの旅はあと2年以上かかることになるはずです。

さぁ、皆さん。

ワンピースの連載が何年かかって“1年”を描いてきたか考えて下さい。

はい、そうですね。

とにかく、まだまだ連載が続くということですね。

■2年後の海

とにかくチョッパーが可愛くて可愛くて仕方ない。
可愛さと純真さが全く変わらないのがチョッパーの強さでしょうか。
丸い帽子も引き続き卑怯な愛らしさです。

ここでチョッパーに言及しておかないと
さっくり無機質に終わりそうなので忘れない内にチョッパー可愛いと連呼しておきました。

ゾロについては登場時にシャウトさせて頂きます。

新元帥は青キジになってると思っているのですが、新展開があったのでしょうか?

「四皇」のいる海と言ってます。2年後も四皇の体制は残っているのですね。今の四皇は誰なのでしょうか。

白ひげの後枠には黒ひげ?

ここで、キッドやドレークの名前が出ているということは、キッドもドレークも現在新世界で活躍しているという意味でいいんですよね?

ドレークと言えば、頂上戦争のすぐ後にカイドウに戦いを挑んでいました。カイドウに簡単に一ひねりされるのかと思いきや、今でも新世界で暴れ回っているらしいですよ。ドレーク。

つまり、カイドウはドレークにやられたということでしょうか?

まさか、そんなこと!

ただ、カイドウは赤髪との小競り合いがあったので、ひょっとしてかなりダメージを受けた状態でドレークと戦ったのかもしれません。

四皇の新メンバーと、七武海の現状がどうなっているのか興味津々です。

シャッキーが無事で良かったです。
ひょっとして偽物とすり替わってたりして?!とか焦りましたが本物のようです。
あのパシフィスタは何だったのでしょう・・・?

■ルフィのタトゥー

ルフィが長袖なので、「3D2Y」のタトゥーが見えませんね。
私が思うにあれはアラバスタでの「仲間の印」と同じですぐに
消える素材で体に描いた物だと思います。

その代わりに腕に刻んであるのはエースの文字じゃないかな、と。

"海賊狩りのゾロ"登場
"ナミ登場"
"キャプテン・ウソップ登場"
"サンジ登場"
"トニートニー・チョッパー登場"
"エース登場"
"ニコ・ロビン"
"おれの名は「フランキー」"

このように、チョッパーまでは「○○登場」=仲間になるという法則がありました。

エース登場で謎が深まり、それ以降は敵対する立場のキャラが
仲間になることもあって「○○登場」の法則は薄れていきました。

もしルフィがエースの名を腕に刻み「同じ船で旅をする」ことになるなら
「エース登場」の意味が私なりにしっくりくるかな、と思いました。






2010/10/6

back next

ジャンプ感想目次に戻る