×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第523話 “地獄”

『心の病、人の夢』


■一触即発

エースの公開処刑は白ひげ海賊団に対する海軍の宣戦布告でも
あったと思うのですが、それぞれの思惑が交差して
海軍側が戦力をコントロールしきれてないようです。

センゴクが処理できずに放置した「天竜人の要求」やら
「黄猿が捕らえた海賊500名」も戦渦の中に投じられると思うと
混沌は必至!!

とりあえず、今、誰がとこにいるのかを図にまとめました。



なぜだか説明できないのですが、CP9がエニエス・ロビーにいるような
気がしたので、そこら辺に名前を書きました。

白ひげはエースを救い出すために、また黒ひげに復讐するために
海軍本部へ近づきます。
そこを海軍が狙って拿捕!(って言い方でいいのかな?)

この両者の目的はハッキリしていますが
まず、七武海がわがまま勝手な自由奔放。
天竜人の一件で黄猿はルフィを捕まえないと面子が立たない。
誰も知らずに、ルフィがインペルダウンに乗り込み
なんと海軍中将であるガープが孫の顔見たさの自由行動。

なんぞこれ。

はからずも、インペルダウンが台風の目になりつつあって
そこには元奴隷のハンコックが向かい
タイヨウの海賊団であったジンベエが待ち受ける!!
(ついでに言うと、元七武海のクロコダイルやマネマネの能力の
 ボン・クレーもいるよん)

果たして、サウザンド・サニー号のコーティングは間に合うのか?!(←そこ?)

■ボロボロのエース

ルフィが持っているエースのビブルカードが小さくなっているのは
エースの“運命”を示しているのだと思ってましたが
実際にエースが瀕死になっているようでした。
こんなにエースが傷ついていると思ってなかったので驚きました。

エースに元気になって欲しいのは当然の気持ちなんですが
自分が引き金となった今の状況をエースがどう考えているのか知りたいです。
エースの本音がガープに漏らされるのだとしたらどんな内容なんだろう!!!

そういえばエースは白ひげのことを「おやじ」と呼んでいたと
思うのですが、ガープのことは「ジジイ」と呼ぶのですね。

血の繋がった祖父に対して、鋭い眼光を向けるだなんて
エースにはどんな覚悟が?!ほろり。

管理職エレジー

センゴクの下に現場から情報が寄せられていますが
センゴクが捌ききれないでいます。
センゴクが自分の判断と決定権で部下を動かしているようでいて
実は「エースの公開処刑」は五老星の決断なんだろうな、と思うんです。

センゴクはセンゴクで、その計画を遂行するための条件を
五老星に提示したと思うのですが、おそらく不完全な状態で
今の状況に立たされたのだろうと想像します。

海軍のトップであっても、世界という大きなうねりの中にあっては
単なる“中間管理職”なんだろうなぁ、という切なさと。

そんな働くおじさん、センゴク応援マンガ↓


カマバッカ・キングダム

ルフィもとんでもない場所に飛ばされましたが
ナミ、フランキー、サンジも珍妙な国に飛ばされました。

どこの国も行き倒れの不審者に対して親切に接してくれて
その世界がとても平和なのだと感じます。
(タロイモが攻撃してきたのはよっぽどムカツイタんだと思う)

天候を科学する空島も驚きですが
“未来国バルジモア”っていつに対して未来なのか、
発想が小学生レベルなのか、とりあえず好感が持てます。

ちなみに空島の通貨はエクストルですよ。皆さん、覚えてましたか?

そして、今週のトリを務めますは夢の島“モモイロアイランド”

「カマバッカ王国」ということはカマバッカ王14世とかがいるのかな。
乙女の心を持った、ひげの濃いおっさんなのかな。いいえ、乙女です。

なんでみんな髭が濃いのだろうと不思議なんですが
これは「オス」の強さを表しているんだと思います。
オスとはつまり相手を支配したい、とか獲物を捕らえたいとか
そういう気持ちが強いんだと思います。

そんな雄々しいハンターをやっかいな物にしている“乙女心”という魔物。
恐ろしいのは、髭面でもなく野太い声でもなく“乙女心”なんです。
私、知ってます。“乙女心”の恐ろしさ。

だって、サンジを追いかける姉さん達のシルエット、
コミケで新刊を追いかける自称乙女の姿にそっくりなんですもの!

2008/11/25


モモイロ・デコシール特集
ジュエリーデコシール プレミアム DSP-08 ジュエリーデコシール 携帯ゲーム機サイズ ピンクサークル DSS-01 ジュエリーデコシール プレミアム DSP-06 ウサミミ仮面のあるばむ おねがいマイメロディ くるくるシャッフル



back next

ジャンプ感想目次に戻る