×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第705話 “追撃のメイナード”
第706話 “お前を笑わない”



■なまりの兵隊 トテチテタ

コロシアムの観客はほぼドフラミンゴ国王の支持者のようです。
国王が七武海を脱退するニュースがどのように受け止められているのか不明ですが
コロシアムの中ではドフラミンゴの思惑通りに事が運ぶようになっているようです。

そんな中でフランキー達に協力しそうな素振りを見せてくる
胡散臭いオモチャの兵隊がいます。単体でも兵隊と呼びます。

ドフラミンゴへの反逆に手を貸そうという、このオモチャは
どのような立場なのでしょうか?

警察や海兵から逃れるようにコロシアムに入っていきました。

このオモチャは、ドレスローザ内で指名手配されているようです。彼らを追う警察は世界政府直轄の海軍というよりは、ドレスローザの治安を守る地方警察のようです。

オモチャの兵隊は国王に対する反乱分子ということで、同じ目的を持っていそうなフランキー達に近寄ってきたと考えられそうです。

そう考えると、サンジに接触してきたカルメンやゾロの刀を盗んだ妖精も
ひょっとしたらドレスローザに潜んだテロリストのような者かもしれませんね。

■追憶のマーメイド

この人がこれから何度登場しても、私は「追憶のマーメイド」としか認識できないと確信したら翌週には退場してしまって追憶のマーメイドフォーエバー…と口ずさむほかなかった。

彼はコロシアムで勝ち進むのが目的ではなくて、最初から外部に登録者を密告するために仕込まれただけのようなので、やはり追憶のマーメイドで良かったんだと思いました。

で、追憶のマーメイドが情報を提供していたのが追跡の座頭市でした。
海軍本部に援軍を要請するために、コロシアムの登録者を把握し、ドレスローザに起こりうる被害の程度を探っていました。

しかし彼の目的地はグリーンビットです。

座頭市は麦わらの一味の正体を理解した上で、素性を隠したようです。麦わらの一味を見逃すということは、グリーンビットでの大仕事に集中するためだと思います。

海軍が海賊から一般市民を守るのは当たり前のことですが
ドレスローザという国は、世界政府や海軍から見てどういった存在なのでしょうね。
ドフラミンゴが七武海から脱退すれば、ただの賞金首になってしまいます。
その賞金首を未だ国王として信頼している国民と殺戮をショーとして楽しむコロシアム。
この辺は敢えて泳がせ、グリーンビットに大将が向かうということは
シーザー引き渡しに狙いを定めているようですね。
七武海、ドレスローザ国王としてのドフラミンゴではなく
あくまでもジョーカーを追っている、と。

■更なる不審者達

CP9よりも上に存在するCPイージス0が登場しました。この諜報機関は大将たちとは別の問題を探っている可能性も高いです。
また、CP9が登場してから宙ぶらりんになっている「道力」という強さの単位を再び使用するためだけに登場したという可能性も高いです。
ですから、この中の誰かが「わしの道力値は2万8000じゃ!」とか言った時に私たちは「ええええ!ロブルッチの道力値が4000なのにぃいい?!」と驚く準備をしておきましょう。

更に別の集団が。
カボチャパンツの模様は何となく海軍の軍艦の模様を彷彿とさせますが、錦えもんを狙っているようで、こちらはワノ国問題のようです。

まとめると。

グリーンビットを目指すシーザー引き渡しチーム、ドフラミンゴ、大将。
ドレスローザ内で続いているワノ国問題。
どんな混乱が起きるか想像できないコロシアム。
水面下で進められる諜報活動。(ポーネグリフと関係する?)
スマイル工場の破壊を狙うフランキー、オモチャの兵隊。
とにかく不審なカルメンと妖精に引っかき回されそうなサンジとゾロ。
サニー号船内に潜む「やだよーやだよー」の声・・・・。

果たして、これらのトラブルが全て解決するのかどうか!

しない!しないままワノ国に行く!多分!

■グリーンビットへの橋

グリーンビットには船で行けないらしいです。
なぜなら近くに闘魚という凶暴な魚が住みついていて、鉄の橋でも
破壊してしまうほどだそうです。

その凶暴な闘魚は200年前位から現れるようになったそうです。




200年前というと、人間と魚人島の交流が始まった頃です。

それまでは魚人は魚類と分類されていたので
グリーンビットに関する情報が200年前のままだと仮定すると
闘魚は魚人で、魚類と分類されてた頃の呼び方かもしれませんね。

レッドラインの海底にある魚人島、グランドライン前半にあるシャボンディ諸島とは異なる、新世界の魚人文化がもしかしてあるかもしれません。
200年も経ってるので、魚人とはもう関係のないただの荒れ地かもしれません。

ただ、現在、研究員か探検家しか足を踏み入れない秘境であり、戻って来た者はいないという場所は、何か大きな謎が隠されているかもしれません!このチームにロビンがいて本当に良かった!



2013/4/23

back next

ジャンプ感想目次に戻る