×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第693話 「死んでくれ」

『ONE PIECE FILM Z 超メガヒット記念』


■扉絵

2013年になりました。
ジャンプの感想を書くのが滞っています。
なぜなら12月に遊び過ぎたから。
お台場と池袋だけでなく、京王線のスタンプラリーも行きました。
六本木ヒルズでのワンピースアワードにも行って
新宿の初日舞台挨拶にも行ってジャンプフェスタにも行きました。
そんな中で、ジャンプの感想更新を休んでいましたが、改めて
通常連載をしながら映画の作業をやってのけた尾田先生の激務っぷりを
ほんの少し理解できました。この「OPFZ」臨戦態勢でなおかつ毎週の更新をやり続ける大変さ。
無理!
年末年始はどっぷり風邪を引いて、パソコンの前に座るのが10日ぶりくらいです。

そんな近況で、去年発売のジャンプの感想です。
まずは扉絵です。新世界編の大物が一気に登場しました。

【ドフラミンゴ】
七武海であり、闇の商人であり、海軍の中枢とも秘密の取引をするほどの大物中の大物です。

【赤犬】
海軍総帥。映画では思わせぶりに顔が隠されていましたが、特に目立った負傷を負った訳ではなさそうです。2年前に比べて変わったのは髭ですね。

【ジンベエ】
元七武海。魚人海賊団の船長としてビッグ・マムの傘下にいましたが、魚人島は麦わらの海賊旗を掲げることとなり、ビッグ・マムとのけじめ(?)をつけている最中でしょうか。

【ビッグ・マム】
この目つきはビッグ・マムですよね?
四皇。新世界であったら麦わら海賊団を潰すつもりでいます。

【アプー】
最悪の世代。キッド、ホーキンス達と同盟を組んでいます。

【青キジ】
敵か味方か、流浪の元海軍本部大将。映画で、一足早く麦わらの一味と再会しましたが、本編での再登場が非常に楽しみです。

【キラー】
キッド海賊団の参謀的存在。同盟交渉の時に、唯一まともに話を進めた功労者。

【シャンクス】
四皇。目の傷が疼く、と言っていたのが昨日のことのよう。

【キッド】
21才。

【?????】
謎の髭オヤジ。

【ホーキンス】
最悪の世代。アプー、キッドと同盟を組む。

【黒ひげ】
着実にステップアップしている四皇。

顔の分からないのが一人いました。
他の面々から考えると四皇がいるのが妥当だと思うのですが、そうするとカイドウでしょうか。
最初に登場した時の四皇のシルエットですが、白ひげと赤髪以外はイメージだけで、実物とは似てないっぽいですね。

新七武海の可能性もありますし、既出のキャラかもしれません。

私が思うに髪型はジゴロウに似てると思うのですが
どうでしょうか。

■かけひき

スモーカーの心臓だと思い込んでいるシーザーですが、これスモーカーの心臓じゃないのでは?!
ローがどさくさにまぎれて、シーザーの心臓をくり抜いて入れ替えてるとかあるかも?!うわー、超ドキドキする!!

(※既に次号を読んでいます)

これがドンパッチにしか見えないのですが、案の定、ネットで「魚雷ガール」で検索すると、このベビー5の画像がヒットするようになっていました。

魚雷ガールについてはこちらのページとかどうぞ。

「部下」と書いて「モネ」と読む。
こんな漢字テストは嫌だ。

自分の夢を託した男のために、命を捧げる…麦わらの一味もそんな覚悟を持っているのですが、ルフィは仲間の全てを拾っていく呆れたビリーヴァーなんです!


2013/1/8

back next

ジャンプ感想目次に戻る

ONE PIECE FILM Z マグカップ