×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第672話 “拙者!名を錦えもんと申す!”

『裏切りのパンクハザード』


■扉絵

扉絵は単独で登場するという固定概念を根底から覆した
秋田県メガネダヌキさんの純真さゆえの自由なリクエスト。
私の知ってる人達なら「亀を背負う」という発言を尾田っちに浴びせられない。
なぜなら腐った心が私たちの中にあるから・・・。

一人の扉絵じゃなくて二人になると夢がグンと広がりますね。そして未来へ。

サンジが亀を盾にしてるように見えなくもないけど
サンジの靴は片方ずつ色が違うの?それとも奥のは影で黒く見えるの?
この扉絵が何らかの形でカラー化する呪詛を送ります。神保町方面へ。そして未来へ。

■もう誰も信じない

今までロー無双だったPHが急展開。ヴェルゴの頬についてる網焼きハンバーグみたいなのはお腹が空いた時にちょっとずつ食べるの?
さりげなく登場したSADという新しい組織がただならぬ雰囲気でスルーできません。とりあえず何の略か考えてみましたが「札幌 明日 大寒波」「最近アレどう?」とか大喜利にしかならないのでこのくらいにして、そろそろタンカーを持ってることに目を向けようと思います。
これまでワンピースの三大勢力とか世界最高戦力とか武力面でのパワーバランスが表立ってましたが、このSADは経済・物流面でのメジャー組織といったところでしょうか。
私たちは学校で三権分立を学んだけれど、大人になって経団連という強力な組織を知ったよ。
世界政府を頂点とした世界をイメージしていたけれど、世界を動かす力は色んな種類・方向があるのかもね。

我々ってなんだ。SADが我々なのか。SADは単なるタンカーの会社なのか。シーザーは信用はしてないけど一応の取引関係があったのか。周到に潜り込んでたモネはたいがいスパイくさかったけど、シーザーはローのことも敵対すると読んでたみたいだし、もう誰も信じられない!!
あと、いつまでも「彼」とかよそよそしく呼んでないで、いい加減名前で呼んであげて。

こ、これは!竹をあらゆる素材に変えられる「タケタケの能力やー!」
(※ボケてます)
握った所から固くなる能力?服の袖まで黒くなってますけど、どうなってるんでしょう?ローの体内にまで何かやらかしてるようですが、ローに何をした?ローの持病説は消えた?

とりあえずヴェルゴで分かってるのは海賊でないということくらいですが、ローの子供時代に関係があったようです。
「大きくなったな」「大人に隠し事をしてもバレるものだ」という言い方から感じるのは、上下関係というか、ヴェルゴが指導的立場にあったような言い方だということです。そして当時から「ヴェルゴさん」と呼ぶように指導していて、ずーーーーとローは呼び捨てしていたんだろうな…という感じもします。
ノースブルー時代でしょうか??

■イジメっ子サイド

唯一ほんわかムードのゾロサイドです。
ゾロがブルックにイジメっ子的な発言をするのが仲良さげで楽しいです。
ブルックだからイジメっこなのか、誰に対してもイジメっこなのか
チョッパーにはこんな事言わないよなー?と思うけど
ストロングワールドでは「お前の毛皮貸してやれ」「脱げるか!」という
やりとりもあったり・・・・。
つまりゾロは天然サディスティックということでOK?
早乙女神楽さんの新刊のタイトル、これでいいと思う。

錦えもんの紹介が巻物になってて、尾田っちの時代劇好きが伝わってきます。もしかしてこんな装飾枠、初めてかも?!
炎で焼き切り、炎を切り裂くって意味が全然分からないけど「不思議奥義」で片付けておけばいいかな。ゾロもこの奥義を体得するのかなー。錦えもんと戦ったりするのだろうか。ワノ国のこととかも楽しみです!

リスほっぺのナミさん(サンジ)可愛いな。
精一杯の謝罪や謝辞に戸惑うナミさん(サンジ)も可愛いな。
サンジは水中も空中も自在に移動できて、戦闘力では
ゾロにかなわないだろうけど、こういう役割でみんなをサポートしてくれて
今後すごい頼りになりそう。
んで覇気使いの二人のじゃれあいとか、一体どんなもんなのか
リアルCGで再現して欲しい。

■若竹ドール劇場

今週は4コマ漫画はお休みして
狐火流に入門するゾロです。



ロロノア特派員の「そうだ京都行こう」もよろしく。



2012/7/4

back next

ジャンプ感想目次に戻る