×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第513話 “救えないっ!!!”

『満身創痍』


あまりにも大きな力の壁!世界の闇!

ゾロだけが飛ばされた時は、辛い未来を覚悟したのですが
(ウソップとルフィのケンカのような、最終的には丸く収まるだろうと
 わかっていても、長期間スッキリしないような)
全員が飛ばされたということは、最悪の状況は免れたような気がします。

ゾロがエネルに黒こげにされた時の方がよっぽどショックでした。
ゾロは最終巻まで不敗を貫くと思い込んでいたので。
世界最強を目指した時から命なんかとっくに捨ててるゾロだけど
頂点までの道のりはまっすぐじゃなかった!後退もあるんだ!

さて、謎が謎を呼ぶバーソロミューくまです。

暴君と恐れられていた過去とは裏腹に政府のいいなりに動く
七武海となり、更にパシフィスタとして体まで捧げた訳ですが
彼の真の目的が少しずつ明らかになっていくのでしょうか。
七武海の海賊達は何を思って七武海となりうるのでしょうか。

クロコダイルしかり黒ひげしかりゲッコーモリアも
七武海という肩書きを利用するだけで、単なる
政府のコマとなったのではありませんでした。

黒ひげも「まずは七武海になって…」という考えのようですし
くまもひょっとしてスパイとして政府に潜入したのかもしれません。
核心に近い情報を得るために、従順に動いていただけなのかも・・・?

では、くまが何を思って動いているのか、と考えた時
避けて通れないのがこのセリフだと思います。



スリラーバークで、皆殺しの命令を受けたにも関わらず
結局、全員を見逃した形になってしまったくまは
命令と自分の目的を天秤にかけて、自分の目的を優先させたようです。

寡黙なわりには、ドラゴンに向けて独りごちるなど
ひょっとしてドラゴン×くま?(非常にすいません)

そして今!シャボンディ諸島にて!
とうとうくまが政府を隠れ蓑にした行動から脱して
なりふりかまわない行動に出ました!なりふりかまってません!
大将や科学部隊長の目の前での反逆です!

このなりふり構わない行動は勝算度外視のギリギリの賭なのか???
くまからの情報を受け、レイリーの表情が暗くなってます!!

くまがルフィに言った「もう二度と会う事はない…」という言葉が重いです。
一瞬、ルフィの死を意味するのかと思ったのですが
そうは思いたくない、という気持ちもあってこれは
“くまの覚悟”なのだと思うことにしました。

くまがシャボンディ諸島になぜ来たのか考えました。
くまはルフィ海賊団を次々と飛ばしましたが、彼の行動の中で
明確なのは「メイリーへの伝言」だと思いました。
PX−1を「邪魔だ」と言って消しましたが、何の邪魔なんでしょうか?

レイリーをある場所に向かわせることが目的のように私は想像します。
レイリーを自由にするために、自分が犠牲となり、
もはや戦力でも何でもない麦わらクルー達も“邪魔”だったのでは・・・?

思い浮かぶ“有事”はエースの公開処刑です。
海軍本部で本当に戦争が起こるのか!
そして麦わらのクルー達の行方は?!

一味離散…





















全員、日本にいた!!!!!

キャラの画像はアンリミテッドアドベンチャー
プレイ画面を撮影した物から切り取りました。
続編であるアンリミテッドクルーズ エピソード1 波に揺れる秘宝
9月11日に発売されます!ブルックやバーソロミューくまも出てるそうです。

私はとにかくアンリミテッドアドベンチャーの方を
クリアしてから購入を考えます。

来週から、扉絵が10ページ、本編が9ページという進行になるのかな。
エースのビブルカードはどうなってるんだろう。

そういえば、麦わらのクルーはレイリーのビブルカードを持ってるんだっけか?



2009年カレンダー特集

ワンピース 2009年カレンダー コミックカレンダー2009 ONE PIECE

2008/09/10



back next

ジャンプ感想目次に戻る