×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第500話 “歴史の残り火”

『人は人の“何”を見るのか』


人身売買・奴隷・身分などのエピソードが重くて心が痛むのですが
これはマンガの中の刺激的な演出と割り切った方がいいんでしょうか。
名探偵コナンの中で起こる殺人事件で、死者への哀悼の気持ちを
抱かないようなドライな感覚でいいような気もします。
“奴隷”という言葉は日曜朝のアニメで放送OKなのか、と気になったり
悩ましい限りです。

重いテーマを無視する訳にはいきませんが
ハンサミティ(※1)についても掘り下げていきたいと思います。
※1:ハンサム具合、ハンサム力の事。今週のピューと吹くジャガー参照

ハンサムになることで、胡散臭さが倍増したデュバル率いるトビウオライダーズ
もとい人生バラ色ライダーズです。
初登場時のトビウオライダーズは矢沢永吉のような格好良さだったのに。

サンジの言う「心の骨格は直せねぇよ。」が名台詞のようにも
聞こえるし、突き放し系のツッコミのようにも聞こえて味わい深いです。
なんせ、サンジがもてない男を慰めるという状況がシュールです。
きっとサンジが心の骨格を直せても、もてる男にはなれないんだよ。デュバル。

ただ、だからこそデュバルとサンジの心の繋がりが強いような気もします。



今週のサウザンド・ファニーさん。





ある人間屋に到着したルフィ、ハチ、パッパグ。
ペットショップのように人間が陳列されていて
独房の中にトイレが設置されています。
珍しい種は高値で売れるらしくて、見るからに偽造の人魚が売られています。

売られる方の人間の気持ちさえ考えなければ
楽しめるショッピングなのかもしれません。
例えばこれがRPGの中でプレイヤーを選択する感覚で
「お金と経験値が貯まったから巨人が買えるぞ!」と
ワクワクできる設定のようにも思います。
傭兵と考えればまだ納得できるんですが
「貴重な種類ほど高価」というコレクション的に売買されてるのは
心を痛めるところですよね?!これ、そういうマンガですよね?!

ロビンが貴重な歴史の話をしてくれます。
私が思うに、この200年以上前の差別の歴史も
おおっぴらに語られる物ではないのだろうと思います。
ロビンだからこそ、はっきりと語れるのだろうと思います。

現在、魚人のジンベエが七武海になっていることから考えて
「魚人への差別は無い」というのが世界の認識なんでしょうが
魚人島の近くではまだ根深い差別意識が残っているというのを
シャボンディ諸島で知ることになりました。

では魚人島ではどうなんでしょうか。
一部の魚人は人間への憎悪を今でも抱き続けていても
おかしくはありません。

アーロンが人間を「1匹」と数えたり「下等な生き物」と
言ったりしていたのは、過去の差別への反発からだと感じます。

アーロン以外にもトムさんやココロさん、フォクシー海賊団にも
魚人はいたと思います。ケイミーもそうですが、たいていの魚人は
過去の差別について人間を怨んだりはしていないようです。

人買いや奴隷が黙認されている無法地帯の存在は
海軍や政府の不完全さや脆さを見せつけていると思います。

重苦しい雰囲気で読み進めていきましたが
オークション会場に場面が変わると、良い感じではっちゃけてきて
お陰様でワクワクさせて頂きました。

どういう人がどういう目的で人を買うのか、というのが興味深いです。
天竜人がバカなのはもうわかっているので
「珍しいから」とか「見た目が好みだから」とか
「まだ持ってないから」とかブランドのバッグを買うような感覚で
人を所有するんだろうと思います。

でもそれ以外の需要や供給が想像できないので
海賊ルーキーがバイヤーとして登場した時は、
単純に胸が高鳴りました。
あと、ブルックを売ったらどのくらいの値段になるのか、とか思いました。
なんだかんだ言ってもお金があれば、人を買いたいという気持ちに
なりそうなオークション会場の雰囲気にのまれそうにもなりました。
お金が無くて良かった。人を買える権利が無くて良かった。

キャプテンキッドは理念のない単なる暴れん坊だと思ってましたが
何やら詩的なセリフを吐いて、今後の活躍度ダービー(※2)に
影響しそうだと思いました。
(※2:若竹で開催中のアンケート「今後活躍しそうなルーキーは?」)

やっていることは同じクズでも立場が違えば合法・非合法に
分かれるというキャプテンキッドの指摘は
私のような下々民から見るとスカッとしますし
マスクの男キラーの水玉シャツもスキッとしてます。
だからといって悪事を正当化する理由にはならないと思いますが。

そして、出ました!現代っ子トラファルガー・ロー!
5月28日午前5時現在ルーキー活躍度3位です!(若竹調べ)



なぜか、いつも傍にクマ要員がいます。
私が思うにこれは「シロクマ」なんだと思います。
シロクマは地球温暖化によって北極の氷が解けていることを
主張するための「エコ要員」なのだと思います。
ゾロが戦闘要員であるのと同じような感じです。
トラファルガー・ローの決め台詞は「ストップ温暖化!」に決まりだね!



さて。
今週最後のコマにどん!

このページを見開いた瞬間から左下の、つまり最後のコマに
重要人物が見えつつも右ページから読み進めないといけないという
もどかしさ!
そしてようやく最後のコマに辿り着いた時、あなたは彼の
何に注目しましたか?

正直に言って、私は「メガネ!」と思いました。

メガネ!メガネってワンピースではかなりレアなアイテム?
もしかして初登場メガネキャラ?
いや、コウシロウ先生もメガネだったか。
それにしもて重要キャラの共通アイテムだな。
あ、Mr.3もメガネだったな・・・。
あ、普通だな。

とメガネで一盛り上がりした後に
肩書きを読んでメガネどころじゃないことに身震いしました。

元ロジャー海賊団副船長
“海賊王の右腕”シルバーズ・レイリー!

ちなみに今週のジャンゾロのサブタイトルは
「人は人の“何を”見るか」ですが
私はレイリーのメガネを見た、ということになります。

ロジャーの副船長って・・・。
存在がでかすぎて何と比較していいかわからない。
対等に喋れるのってセンゴクとか白ヒゲクラス?
シャッキーと同時期に海賊をやめたというのなら
ワンピースやラフテルは知らないだろうし
シャンクスやバギーも同船してないよね。

それでも「海賊王の右腕」という通り名が今でも
使われているというのなら、離れた所から海賊王を
支援していたということでしょうか。情報屋として・・・?

ところで、四皇って誰だっけ?とすぐに忘れるので
グーグルで四皇を検索すると関連検索に「四皇 カイドウ」って出る。
なに、このネタバレ機能。
あくまでも「カイドウって四皇じゃない?」と予想する読者が
多いというだけなんだけど。グーグルはおせっかいだと思います。

って、レイリー捕まっとったんかーい!

冷静なツッコミを忘れてしまうほどにレイリーが大きすぎて!

とりあえず、放蕩じじいということがよく分かりました。
まぁ、そんなんだろうというのはシャッキーの語り口調でわかってましたが。

情報の鬼であるシャッキーがレイリーの状況を把握してないというのは
取るに足らないということなんでしょうか。
レイリーの周囲には騒ぎがつきものだから、いちいち掌握しないということかな?
2ちゃんで特定の板だけを見るならそれなりに有益な情報もあるかも
しれないが、色んな板を見だしたらどうでもよくなる、みたいな感覚でしょうか。

レイリーがここで売られようとしている経緯が気になります。
何か狙いがあって、潜んでいるのか
成り行きでこうなったから、ちょいと売られてみようか、途中下車の旅、気ままな旅なのか。



*追記*
レイリーについて複数通のメールを頂きました!ありがとうございます!

今週のレイリー登場についてですが 彼がシャッキーと同時期に引退していたというのはありえません。
若き日のバギーとシャンクスが北極と南極のどちらがより寒いかというお馬鹿な議論で喧嘩していた時、
彼ら二人にゲンコツを食らわせたナイスガイが若き日の副船長レイリーです。
この件については、単行本の49巻にてSBSで尾田さんからコメントされています。
(彼が海賊王の船の副船長であること。名前はネタバレ回避のためにふせられていましたが)
後、カイドウが四皇かどうかは別に憶測ではないですよ。
モリアが麦わら一味に敗れ、奪われた影が持ち主達の所へ戻っていった回に
名も無き船乗り達がしっかりと四皇のカイドウについて公言しています。


ありがとうございます!
私のぼんやりした感想が、皆さんの優しさによってしっかりと地に足がつきました!
カイドウのこともありがとうございます。

どうもシャッキーが40年前に海賊から足を洗ったというので
「じゃあ、レイリーもその頃に足を洗ってる?」と勝手に思い込んでました!!
そうですよね。やっぱりあの3巻の副船長がレイリーでいいんですよね。面影ありますよね。
ロジャーの右腕ともあろう男が、現在、自由に暮らしてるのが何となく解せなかったので
途中で離脱したような気になってました。

ロジャー処刑の頃はどうなんでしょ。
ロジャー処刑→ロジャー海賊団解散→レイリー、コーティング職人に・・・という流れでしょうか?
もしや、レイリーがシャボンディ諸島から離れないのは軟禁されているとか?



2008.05.28

あなたがもし奴隷だったら…   「アメージング・グレース」物語―ゴスペルに秘められた元奴隷商人の自伝



back next

ジャンゾロに戻る