×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<若竹>  USJ プレミアサマー2016 レポート

(6)サンジの海賊レストラン 料理など




今年も1人ぼっち参加です。11番が独りぼっちを寄せ集めるテーブルのようです。


入るとハチゴロウがお出迎えしてくれます。
ウェルカムドリンクはテーブルに置いた状態で、自分でウーロン茶かオレンジジュースを取る流れになってます。
(去年までは人がトレイに持ってましたが、効率的になりましたね)


ゾロファンには嬉しい11番テーブルです。
1人参加が5人で丸テーブルに座ります。
着席すると各自、撮影・録画の準備を黙々と進めます。


私はゾロのドリンクを注文しました。アルコールらしいですが、お酒をほとんど飲めない
私でも全然平気なアルコール度数のようです。
ちなみに、ドリンク注文の際に写真付身分証明書の提示をお願いされました。


塗升風の容器に入っていて、和風の雰囲気ですね。
冷酒のおちょこのような容器に入っているクリームを緑色のドリンクにかけて飲みます。
味はええと、どんなだったかな。


ドリンクの名前は「マリモ野郎」なんですが、ええと、どんな味だったかな?
(サンレス1度目の参加にありがちな、料理の味を全く覚えてない現象)
ドリンクのおまけはグラスチャームになっていて、私はロビンのでした。


お寿司風だけど、酢飯じゃなくて、麺の上にネタが乗ってる前菜。
凄くおいしい!ペロリと食べちゃった!




握り寿司のようですが、お醤油もワサビもありません。
味付けはどうするかと言うと…。


サンジシェフが味付けのムースを各テーブルに配ってくれます。


お醤油とワサビの味のついたムースですって!


これが魚のメインディッシュ。
水菜と湯葉をあしらった、和風仕立てです。


確かおいしかったような気がします。
もちろん、じっくり味わう余裕はありません。


デザートもサンジシェフの心づくしの仕上げがあります。


なんかの汁をかけてくれます。


汁をかけられることで、青っぽいデザートが赤っぽくなります。


中央の白いのはパンナコッタですが、味は忘れました。(よくあること)


例年あるフラッグです。
柱から天井にかけてのアーチ状の梁にあった一味の海賊旗の絵はなくなってました。
卓上番号札もシンプルになってますし、
装飾関係を省略して、キャストによる演出に力を入れているんでしょうね。


キャストとの記念撮影前に、注意事項が配布されました。
限られた時間でたくさんのお客さんと撮影しないといけないので、仕方ないですね。


今年の写真の台紙は優雅なデザインですね。


自分が写ってる写真の他に、料理やキャストの写真がついています。
このキャストの写真が5種類あるらしくて、「是非、集めて下さい」的な感じで
手渡されたのですが、鬼か?鬼なのか?
そもそも複数回来れないんですけど!

このキャストの写真は取り外しができるので、トレーディンググッズになるだろう、
どのキャストの写真になるか、の法則等、初日から議論されてました。

今年は転売防止のためにチケット発券から入店までの流れが大きく変わりました。
また、簡略化できる所は工夫されていて、スムーズな動きができるような改善点が見られました。

この改善の進化で、会計や写真受け取りの待ち時間がもう少し短くなると良いと思います。

あとチケット購入時にサイトに繋がらないのを何とか…。お願いします…。

←前へプレサマ2016レポ目次進む→

若竹イベントレポートページへ戻る

背景素材:Neuro!Image