×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<若竹>  USJ プレミアサマー2016 レポート

(5)ウォーターバトル バスティーユ中将、サボ、ルフィ




バスティーユ中将の剣技が決まって、水が噴き出たところ。


コートをひらりと捲る所作が決まってますね。


剣を片手持ちから両手持ちにするところ!


ルフィを捕まえようとしています。


海賊だけでなく、海軍将校も個性豊かなキャラクターデザインですよね。


大きな剣を華麗にさばきます。
(夜のショーではゾロ役をやってらっしゃると聞いてウホっとなります)


堂々とした立ち方で、中将って感じですね。


サボの「竜のかぎづめ」の格好良さに花を添える中将のやられっぷり。


サボが凄く好青年で、口の動きがとても丁寧なんです。


戦う時は冷静!刀を制止する時の冷めた表情がしびれますね!


あ、忘れ物!というシーン。


去っていく所。エースと違ってどことなく気品がありますよね。貴族出身だから?


「ん?ここはどこだ?」といった様子でとぼけたルフィ。


ルフィのマイペースさが感じられる表情ですね。


みんなでびしょ濡れになるのが楽しくてしょうがないといった様子。
ギャッツは呆れてます。


全然ピンチじゃない時の余裕のあるルフィ。


まだ本気の敵が出てきてない余裕のあるルフィ。


あ、あの敵!見た事ある!と、真面目な顔のルフィ。


敵に向かう時の怒ってるルフィ。


みんなー!ありがとうー!!!全身を使って手を振るルフィ。

前の方でビショビショになりながら、近くで見れば迫力があるし
遠くで見ても、全体が見られてどちらも楽しいですね。

今年も爽快なショーをありがとうー!!!

←前へプレサマ2016レポ目次進む→

若竹イベントレポートページへ戻る

背景素材:Neuro!Image