×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第680話 「海軍G-5基地長“鬼竹のヴェルゴ”」

『ゴー!ゴー!茶ひげバス』


■わくわく動物ランド

移動手段でもあり、くつろぎルームでもあり、情報源でもある
茶ひげバスが、当初の予想を大きく裏切って麦わらチームに貢献しています。
茶ひげの好感度がグングン上昇しています。1000円以下のフィギュアが欲しいくらいには。
真顔で詫びるゾロにテンポ良くツッコミを入れるほど親密度もアップしていて
ゾロの可愛さもアップアップです。

竜は天竜人のペットという設定があったような気がするのですが
それは温厚な大型タイプですかね。(※喰っちまった)
小型タイプに鎮静剤を打ってるということは、シーザーも持て余してるってことでしょうか。

■偽りの中将登場で純情な同情に現状は惨状

自分を隠して船大工であり続けたCP9と印象が重なるヴェルゴ中将ですが
なんと技もCP9と同じでした。
人の信頼を利用し欺く悪党が海軍に埋もれているのが怖いですね。

「部下を頼む」と言い残して去ったスモーカーにまだまだすがってしまう
大佐ちゃんの弱さ爆裂ですが、彼女の弱さこそが、現状の絶望を際だたせていると思います。

ビビが国王軍と反乱軍の不毛な戦いの中、為す術なくひたすら「戦いをやめて下さい」と
叫んでいた時、雨がその場をいさめ、ビビの声が広場に届きました。

そして今!泣き崩れるたしぎの絶望に光を与えたのがプリンス!おお、プリンス!
プリンスは!女性のピンチのためなら犬並みの嗅覚とコウモリなみの聴覚を発揮するモンスター。
エロモンスター。
カッコイイなぁ。サンジは。
サンジは腹減った奴と困った女性については敵味方関係ナッシング!
困った女性については女性の年齢不問!ここ重要!私みたいな年季の入ったワンピファンにとって!

はぁ。しかしサンジのこんなカッコイイフェイズを見られるのはピンチの時のみ!
ナミさんに「サンジ君のおかげで助かった」と言われるのはボディが入れ替わった時のみ!
平和な時、サンジは鼻血か石化というジレンマ。おお神よ。サンジを救い給え。
いいえ、きっと最後までこのままで、鼻血で辿り着くオールブルー。それがサンジ。

サンジの行動に言及するゾロ。
「得たいの知れない気配」というのはヴェルゴのことだと思うのですが
それでも放っておけるサンジへの信頼がいいですね。
サンジとヴェルゴが対決するのでしょうか。G-5の部下はまだヴェルゴを信用しています。
ヴェルゴは相当強そうですが、サンジもCP9っぽい技を習得してますし
善戦すると信じてます。レディを守りきるサンジを見るのが楽しみすぎる!

■決戦はC棟で!

スモーカーとルフィのこなれたやりとりに和むんですが
扉の向こうは決戦の場!
スモーカーの敵であるヴェルゴをサンジが止めていますが
ガスを操るシーザーをモクモクの能力で牽制できるといいですね!!

来週はいよいよ本格的バトルが始まりそうです!
ゾロは誰と戦うのか!
チョッパーはどこで合流するのか!
モネは変身するのか!

次号は土曜発売!!!




2012/9/14

back next

ジャンプ感想目次に戻る