×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第587話 “おれは逃げない”

『ぼくはくま くま くま〜(by 宇多田ヒカル)』


■※雑談

私は6月27日のコミックシティに参加します。
その時、既刊の「七武海考察本」を持って行くのですが
なにせ発行したのが冬コミなので、内容が古い。戦争編に突入する前の内容なんです。
だから、「七武海考察最新版ペーパー」というのを発行しようと思ってるんです。
本編ではエースとルフィの回想に入ったので、七武海に関する新情報は
出ないだろうから、そろそろペーパーの執筆に取りかかろうと思った矢先の出会い頭に
ぼくは くま くま くま くま〜(みんなの歌)

■扉絵

イワさんとドラさんが電伝虫を育てています。
まるでピカチュウの森?!
気になるのが、この絵がいつの時点のものかということです。
てっきり戦争後の話だと思って見ていましたが
もっとぼんやりとした「こんな時代もあったね」みたいな感じなんでしょうか?
そして、ここはどこなんでしょうか?天国?
「ドラゴン」の絵のトレーナーを着るドラゴン。幼さゆえか。

電伝虫を育てているのは革命軍の活動と関係あるような気がします。
黒いのもあるし。(盗聴用)
通信機能の破壊とか、そういう暗黒計画のための行動だと思うのですが
ビジュアルはおきらくごくらく。

■ゴミ山

ゴミ山に住んでる人はゴミなんだろうか?
人として社会に生きることを諦めた人とか
救いようのない犯罪人とか、そういうのの行き着く先だと
貴族達は思ってるのかもしれませんが
火事が起きれば、家族で助け合って、近隣と声をかけあって逃げてましたし
ゴミじゃなくて、ちゃんと人間でした。

貴族はゴミから目を背けているから、そんな勝手な思い違いができるんだろうと思います。

それに自分達が生活している以上、ゴミは生まれるしゴミ山は無くならないのに。

世界の頂点である天竜人の思慮も浅はかだから
地方の貴族の考えも、この程度なんでしょうかね。

人数が多くなると、「いなくてもいい奴」とか「いないほうがいい奴」っていう
存在がでてくるのも仕方のないことなんだけど
それを切り捨てることを認めると、裏切りをも認めることになると思います。

不要な物を排除するという考えが、白ひげのポリシーと全く逆であることに気付くと
なぜワンピースに描かれる海賊が魅力的なのかがわかります。

■ダダン!

ダダンが間に合って良かった。
「死んでくれた方が助かる」とか言ってたのに、良い奴だ。
口が悪いだけだった!

エースと運命を共にしようとする決意がかっこういい!
ロジャーがガープを見込んでエースを託したように
ガープもきっとダダンを信頼してたんだろうな。

ダダンはどこまでエースの本気を理解してたんだろうか。
エースってばルフィに「今はお前の…今はおれ達の命が大事だ!」って
言い直してんの!!
本音を言うと、ルフィの命だけが惜しいんだって!
エースってば!いつからそんな弟思いのお兄ちゃんに育ってたの!

エースは常に自分が生まれてきた意味を探して壁にぶつかっていて
自分の命よりも大切な家族を手に入れてこんな決断ができたんだろうか。
エースの人生を考えると本当に切ないです。

■革命軍

くまー!!

体がでかいから、近くに立っているように見えるけど
よく見ると幹部と言えるほどの位置には立ってないようにも見える…。
ゴミ山住人のようにスカウトされた口なのか…はたまた…!!

革命軍がゴア王国に来た理由は天竜人が訪れるからという訳ではなく
社会に絶望し自由を渇望する民がいることを見越して、ということなのかな?
イワさんがゴア王国を「辺境の国」と言ってることも注目ポイントかな。
位置的に外れているというのもあるんでしょうが
規模や影響力の小さい国というような意味だろうと思います。

大国ではもっと理不尽な階級制度が蔓延しているのかもしれません。

イワさんにゴア王国出身というのを内緒にしてるドラゴンかわゆす。

■サボ出航

えーと、サボ何才?
早くない?大丈夫?
ルフィやエースの出航の時に比べて、船が少し豪華なのは
サボの家の財力と関係あるのかな。

■ゴア王



ゴア王国の王様の顔がいつも吹き出しで隠れています。

最初は「描くほどのこともない」という軽い意味だろうと読み流していたのですが、2度も「吹き出しマスク」が続くと、意図的に顔を隠しているのかな?とも思いました。

この王様が実は非常に重要な人物だったりして。或いはサンジの手配書みたいな顔だったりして、などと想像したりしました。

しかしすやすやとお眠りあそばす姿を見るところ、サンジの手配書みたいな顔ではなさそうです。ついでに、超重要人物だから隠されているという風でもないです。

そこから考えると「人の顔を持たぬ者」というような風刺的な意味なのかなぁと私なりに考えました。

単に「いと高き方」という意味で帝が御簾越しでお話されるのと似たようなものかもしれませんが。

余談ですが、私の脳内ではこんな顔で再生されています。

(※ルブニール王国の王様)



2010/6/11

ショッピングバッグ
ワンピース(パンソンワークス)ショッピングバッグ A柄 ワンピース(パンソンワークス)ショッピングバッグ B柄



back next

ジャンプ感想目次に戻る